活躍する同窓生

活躍する同窓生は、徳島大学同窓会連合会(びざん会)のニュースレターで紹介され方々です。

田中 啓二 たなか けいじ(5期)

医学部栄養学科 昭和47年卒業
東京都臨床医学総合研究所 所長代行
専門分野 酵素学

 

昭和62年から平成8年まで、徳島大学酵素科学研究センターで助手、助教授として勤務。
その後、現研究所に移り、平成14年より現職。

 

田中氏は、細胞内たんぱく質分解酵素複合体であるプロテアソームの発見者。

プロテアソームは、ユビキチン(たんぱく質分解のマーカー分子)とともにユビキチン・プロテアソーム系を形成して、真核生物の主要な細胞内たんぱく質分解装置として様々な細胞機能に重要な働きをしている。

ユビキチンの機能解明の研究は、2004年度のノーベル賞の受賞対象となった。田中氏もノーベル賞受賞候補者に挙げられている。2010年度の日本学士院賞を受賞した。

遠藤 弥重太 えんどう やえた(2期)

医学部栄養学科卒業
愛媛大学無細胞生命科学工学研究センターセンター長
愛媛大学理事
専門分野 生物化学・バイオテクノロジー

 

昭和44年 医学部栄養学科卒業
昭和50年 大学院栄養学研究科博士課程修了
昭和50年 医学部栄養学科助手
昭和54年 医学部栄養学科講師
昭和55~57年 シカゴ大学生命科学研究センター研究員
昭和59年 山梨大学医学部助教授
平成 4年 愛媛大学工学部教授
平成12年 愛媛大学ベンチャービジネスラボラトリー施設長
平成15年 愛媛大学無細胞生命科学工学研究センターセンター長
平成18年 愛媛大学理事、理化学研究所主管客員研究員

 

遠藤氏は、毒素を用いたリボソームRNAの機能構造解明など、タンパク質生合成の研究分野で世界を代表する研究者です。近年は、それらの研究成果を 発展させた無細胞タンパク質合成法を独自に開発され、無細胞生命科学という新しい学問領域のパイオニアとしてご活躍されておられます。また、数多くの特許 を取得されタンパク質合成システムを製品化するなど、バイオビジネスの分野においても世界中から注目されています。

中村 丁次 なかむら ていじ (5期)

医学部栄養学科 昭和47年卒業

神奈川県立保健福祉大学教授・保健福祉学部学部長

社団法人 日本栄養士会会長、日本臨床栄養学会理事

日本栄養改善学会理事、日本静脈経腸栄養学会評議員他

 

昭和50年 聖マリアンナ医科大学病院管理栄養士

昭和62年 医学博士授与(東京大学)

平成15年 神奈川県立保健福祉大学教授

平成11年 厚生大臣表彰

平成17年 日本栄養改善学会学会賞

現在 神奈川県立保健福祉大学学長

 

中村氏は、本学栄養学科卒業後、聖マリアンナ医科大学病院において管理栄養士として活躍されてこられました。一貫して臨床現場にあって、多くの患者 様の栄養管理に携わっておられます。また、常に新しい食事療法の研究を重ねてこられ、それらの業績により東京大学医学部より医学博士が授与されています。 現在は、神奈川県立保健福祉大学教授として次世代の管理栄養士の育成に取り組まれています。

また、社団法人日本栄養士会会長として全国の管理栄養士・栄養士のトップとしてもご活躍のほか、「厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会」、「保 険医療専門審査委員」、「食育推進会議」等、内閣府、厚生労働省、文部科学省、農林水産省などの委員を務めておられます。さらに、日本臨床栄養学会理事や 日本健康栄養システム学会理事など多くの学会の役員を併任されています。著書・テレビ出演なども多数なされており、名実共に日本の栄養学の第一人者として ご活躍されています。

笠 章子 (りゅう あきこ)(19期)

医学部栄養学科 昭和61年卒業
大塚製薬株式会社 常務執行役員マーケティング本部長

 

昭和61年 医学部栄養学科卒業
昭和61年 大塚製薬
平成8年 J. Walter Thompson株式会社 日本リーバ担当アカウントディレクター
平成8年 マスターフーズジャパン株式会社 キャットフード担当ブランドマネージャー
平成12年 ブルーベルジャパン株式会社 化粧品事業部本部長
平成17年 大塚製薬株式会社 ヘルスケア事業部顧問
平成17年 日本みらいキャピタル M&Aアドバイザー
平成17年 シスレージャパン 代表取締役
平成21年 大塚製薬株式会社 常務執行役員マーケティング本部長

 

笠章子氏は、昭和61年に徳島大学医学部栄養学科を卒業し、大塚製薬株式会社に入社されました。入社後、ファイブミニ、C-MAXアイアン、ファー マバイト、ビーンスターク、エネルゲン、ポカリスエットなどの商品開発に携わり、これらの商品のブランドマネージャーとしてご活躍されてきました。その 後、J.Walter Thompson株式会社、マスターフーズジャパンを経て、ブルーベルジャパン株式会社に移られ、平成12年には香水・化粧品事業部マーケティングチーム 次長、平成12年同部長、平成14年同本部長、平成15年には化粧品事業部本部長を務められました。平成17年からは大塚製薬株式会社ヘルスケア事業部顧 問、日本みらいキャピタルM&Aアドバイザーを経てシスレジャパン代表取締役を務められるなど、笠氏の美容健康関連事業における商品開発・マーケ ティング能力の高さは国際的にも評価されています。平成21年からは、大塚製薬株式会社常務執行役員マーケティング本部長としてご活躍されています。その 独自の生活スタイルは、マスコミにも取り上げられ、今、最も注目される卒業生です。

 

主な著書:「ただいま育児休業中」(主婦の友社) 、「ドラえもんの鉄学」(日刊工業社)共著 、「おいしくて元気になるお取り寄せ」(法研出版)

上西 一弘 (うえにし かずひろ)(17期)

医学部栄養学科 昭和593月卒業

女子栄養大学教授

専門分野:栄養生理学、骨ミネラル代謝

 

(略歴)

昭和59年 医学部栄養学科卒業

昭和61年 大学院栄養学研究科修士課程修了

昭和62年 雪印乳業株式会社生物科学研究所

平成3年 女子栄養大学助手

平成12年 女子栄養大学専任講師

平成14年 女子栄養大学助教授

平成18年 女子栄養大学教授

 

 

上西一弘氏は、昭和59年に徳島大学医学部栄養学科を卒業し、昭和61年に同大学院栄養学研究科修士課程を修了された後、雪印乳業株式会社に入社されました。その後、平成3年より女子栄養大学に移られ、栄養生理学の教育・研究に携わっておられます。雪印乳業時代から現在まで、一貫して骨ミネラル代謝の栄養学、特にカルシウム摂取と骨粗鬆症の研究に取り組んで来られ、日本のミネラル栄養学の第一人者としてご活躍されておられます。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」の策定ワーキングメンバー、日本骨粗鬆症学会の「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」の策定委員としても精力的に活動されておられます。最近では、NHKの「ここが聞きたい名医にQ」という番組で専門家として度々ご出演されるなど、多方面でご活躍されておられます。また、スポーツ選手の栄養サポートも行っており、東洋大学の箱根駅伝優勝にも貢献しています。

 

青山 敏明 (あおやま としあき)(18期)

医学部栄養学科 昭和603月卒業

日清オイリオグループ株式会社 

執行役員 商品開発室、品質保証室、知的財産管理室担当

 

(略歴)

昭和603月 医学部栄養学科卒業

昭和614月 不二製油株式会社

平成136月 米国マサチューセッツローウェル大学研究員(留学)

平成141月 日清製油株式会社 研究所リーダー

平成187月 日清オイリオ株式会社 執行役員 横須賀事業場長 兼 中央研究所長

平成237月 日清オイリオグループ株式会社 

執行役員 商品開発室、品質保証室、知的財産管理室担当

 

青山敏明氏は、昭和60年に徳島大学医学部栄養学科を卒業し、翌年、不二製油株式会社に入社されました。入社後、大豆ペプチドなどの商品開発や油脂の栄養研究に携わりご活躍されてきました。その後、米国マサチューセッツローウェル大学での留学を経て、平成14年より日清製油株式会社(現日清オイリオグループ株式会社)に移られ、構造油脂化学分野におけるリーダーおよびマネージャーとしてご活躍されてきました。この間、一貫して機能性油脂の開発に取り組み、同社の代表的な商品の1つである「ヘルシーリセッタ」の開発・商品化に携わってこられました。平成18年からは、同社の執行役員、中央研究所長として新商品の研究・開発を推進されておられます。また、平成9年には九州大学より農学博士の学位を取得されています。現在は、同社の商品開発室、品質保証室、知的財産管理室の担当役員としてご活躍される傍ら、徳島大学医学部非常勤講師、帯広畜産大学産学官連携教授、鹿児島大学農学部客員教授、岡山県立大学地域共同研究機構客員教授、宮崎大学産官学連携センター客員教授等も務められ、産学連携の推進にもご尽力されておられます。

 

 

 

吉本 弥生 (よしもと やよい)

医学部栄養学科 昭和593月卒業

花王株式会社 ヘルスケア食品研究所・主任研究員

専門分野:機能性食品

 

(略歴)

昭和59年 医学部栄養学科卒業

昭和59 年 ユニチカ三幸株式会社入社

昭和63 年 関西ランチ株式会社入社

平成元年 花王株式会社入社

平成13年より現職

 

今回は、企業における管理栄養士として意欲的に活躍範囲の拡大に貢献している吉本弥生氏(17期)に 登場願いました。吉本弥生氏は、昭和59年に徳島大学医学部栄養学科を卒業された後、冷凍食品会社などでの商品開発を経験し、平成元年花王株式会社に入社されました。入社後は、食品事業部、近畿地区マーケティング部を経て平成13年より現職。エビデンスに基づく食品の機能性に関する情報を社内外に提供、食品成分の持つ健康機能の認知普及に携わってこられました。また、近年では、食品に関するリスクコミュニケーションなどにも取り組んでおられます。これらの活動は、多方面で取り上げられており、最近では専門誌「臨床栄養」平成249月号に、社内や学会にて管理栄養士の視点から専門家に対してエビデンスに基づいた様々な情報提供活動を行っていることが紹介されています。平成24年度からは、日本栄養士会の全国研究教育栄養士協議会役員としてもご活躍されておられます。

卜部 吉恵 (うらべ よしえ)19期)

医学部栄養学科 昭和613月卒業

日本料理 「和旬 撫子」オーナーシェフ

 

(略歴)

昭和61年 徳島大学 医学部栄養学科卒業 

昭和61年 フジッコ株式会社入社  開発センター技術開発部  

平成元年 帝塚山病院 入職

平成4年 (())トゥビィー倶楽部 設立

 同年   撫子      開店 

平成17年  撫子 2号店  開店

平成19年  いなり家 こんこん 開店

      現在に至る

(主な活動歴)

平成7年    フジテレビ「料理の鉄人」 出演   

  7年~12年 朝日放送 「ワイドABCでーす」 (毎週月曜日) 

  8年     テレビ東京「TVチャンピオン」 出演

  8年~ 10年朝日新聞 料理コラム連載

  12年~17年  辻ウエルネス   非常勤料理講師

  18年~    キッチンソムリエ 料理講師

  19年~    甲子園短期大学 非常勤講師

  24年~   毎日放送「ちちんプイプイ」キッチンぷいぷいコーナー(隔週金曜日)

 

 卜部氏は、昭和613月に徳島大学医学部栄養学科卒業後、フジッコ株式会社に入社され、お漬物・スープ・チルド商品などの開発を担当されました。特に、スープはレトルト製品として全国販売となり、ビーカーからの開発が工場生産になる過程の苦労と全国に流通される喜びを感じ、大きな良い経験となったそうです。その後、管理栄養士としての活動を目指し、老人医療の帝塚山病院に入職し、管理栄養士としての臨床経験を研鑽されています。その中で、大阪で開催された[花と緑の博覧会]にて修業食の研究発表する機会があり、日本の伝統食の素晴らしさをもう一度再認識したいと思い、自分で栄養と和食を備えたお店をしたいと思うようになったそうです。

 一念発起し、経営と料理を学べる学校に通い、現在の「撫子」を開店されました。日本料理の素晴らしさと伝統食の栄養バランスの素晴らしさ、女性だけで家庭的な雰囲気を味わって頂けるようなお店づくりを心がけているそうです。卜部氏の管理栄養士から料理の道への転身は、当時のマスコミで話題となり、色々なメディアで取り上げられています。卜部氏は、これまでの活動の中で“栄養士も料理ができることが大切であること”を感じられ、それを伝えるべく、現在も3店の運営をする傍ら、非常勤講師やテレビ番組への出演など幅広く活躍されています。「栄養とおいしさと商売はトライアングルで三方向に分かれていますが、いつかピラミッドのように三者が交われるような頂点を目指していきたいと思います。」と将来について語っておられます。

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから